I’d rather(動詞). むしろ〜したいです。

アイド ラダ
I’d rather(動詞).
むしろ〜したいです。

 今回は意外と使い方がわからないと言われることが多い”I’d rather ~”を勉強しましょう。”I’d rather ~”は略さず書くと”I would rather ~”ですが、会話中ではもっぱら略式の”I’d rather ~”が使われ「アイド ラダ」と発音します。

 「むしろ〜したいです。」と中途半端な意味になるため、英会話初心者には敬遠されがちなフレーズです。しかし、気持ちを正確に表現するときには必要になってきます。

 特によく使われるのが何か相手から提案されて、それよりも別のほうが良いというとき。例えば、”Let’s have dinner at the Japanese restraint.”と「あの日本食レストランで夕食をしましょう。」と提案されたときに、”Sorry, I am tired so I’d rather have dinner at home.”と「ごめん、疲れてるから家で食べたいな。」と返すことができます。

 またよくあるのが、”Which would you eat beef or chicken?”などのように二つのうちどっちがいい?と聞かれたときにも、”I’d rather eat chicken (than beef).”、「どちらかというとチキンが食べたいな」と答えたりもできます。

 さらに否定形でもこの” I’d rather”は活躍します。よく使われるのが、”I’d rather you didn’t.”です。これは”Do you mind if I smoke?”と「タバコを吸ってもいいですか?」と丁寧な表現ではありつつもあまりしてほしくないことを聞かれた時、”Yes, I do”と答えてしまうと「嫌です。」ときつい返事になってしまいます。そこで、”I’d rather you didn’t.”と答えると「ご遠慮いただきたいです。」とやんわりと断ることができます。

アイド ラダ ドイッ マイセルフ
I’d rather do it myself.
むしろ自分でやってみたいです。

アイド ラダ ナット
I’d rather not.
どちらかといえばやりたくないな。

アイド ラダ ナット トウカバウイッ
I’d rather not talk about it.
それについてはどちらかというと話したくありません。

アイド ラダ ビディシー ダン ディシー
I’d rather be deceived than deceive.
だますよりはだまされるほうがよい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です