It’s time to(動詞). 〜する時間です。

イッツッ タイム ト
It’s time to(動詞).
〜する時間です。

 今回紹介する”It’s time to ~.”は、「〜する時間です。」という意味で使います。直訳すると「〜するための時間です。」となりますが、通常そのような意味では使いません。意味的に「そろそろ〜しなきゃ。」とか、「もう〜しないと。」というふうに使います。

 このフレーズがどんな場面でよく使われるかというと、まず挙げられるのが話を切り上げたいとき。例えば、話が長くなりそうだというときには”It’s time to go.”、「もう行かなくちゃ。」というふうに使います。また、子どもたちが遊び続けてもう寝ないといけない時は、”It’s time to go to bed.”、「寝る時間だよ。」と色々なシチュエーションで役立ちます。

 このフレーズはその他にも”It’s time that you go to school.”という風に”time”のうしろに文節をもってくることもできます。

 また、”to”のかわりに”for”を使うと、動詞ではなく名詞を使用することもできます。

 いずれにしても、「〜の時間だよ。」という意味ですので、難しく考えず使ってみてください。

イッツッ タイム トウ 
It’s time to go.
もう行かなくちゃ。

イッツッ タイム トウ ゲタッ
It’s time to get up.
起きる時間よ。

イッツッ タイム トウ ッド
It’s time to go to bed.
そろそろ寝ないと。

イッツッ タイム フォデ
It’s time for dinner.
夕食にしようか。

イッツッ タイムダッ ユウ ゴ スクウ
It’s time that you go to school.
学校に行く時間ですよ。

イッツッ タイムトウ ブレイカッ ウィ ヒム
It’s time to break up with him.
もう彼とは別れる時期なんだよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です