Here is(名詞). 〜です、どうぞ。

ヒアリズ
Here is(名詞).
〜です、どうぞ。

 今回は”Here”を使ったフレーズをいくつか紹介します。実は”Here”の使い方は様々で色々な使い方があるため使うのをためらっているという人も少なくありません。自分が使えそうなものからで大丈夫ですので、少しずつ勉強していきましょう。 

 まずは、何かを相手に手渡すときに使うフレーズです。”Here is the book.”と言って本を渡すと「これがその本です、どうぞ。」という意味です。何かを手渡す時に単に「はい、どうぞ。」というときなら”Here you are.”でもかまいません。そこに「これが〜ですよ」というニュアンスを含める時に”Here is ~.”が使われます。

 2つ目は何か探し物をしているときの”Here is ~.”。”Here is your smart phone.”なら「あなたのスマホがあったよ!」という風に使えます。この場合は直訳のような意味になりますね。

 それぞれを説明するとややこしく感じるかもしれませんが、”Here is ~.”は何かを手渡す時にも、ここに〜がありますと何かを見つけた時にも、どちらにも使える便利な表現であると覚えておきましょう。

 また、ネイティブが頻繁に使う表現に” Here is the thing, ~”があります。これは上記のような例とは違い、完全な口語で「つまりは」とか「要は」という風に長い話をまとめるときに用います。なかなか英会話初心者が使うことはないかもしれませんが、ネイティブの方と話をするときには聞こえてくるかもしれませんので覚えておきましょう。

 余談ですが、”here”が「ここ」という意味から、”Here is Tokyo.”というふうに使いたくなりますが、実際にはこのような使い方はあまりしません。そのような場合は”Tokyo is here.”のほうが自然な表現になります。

ヒアリズュア モバイルフォン
Here is your mobile phone.
(手渡す時なら)どうぞ、あなたの携帯電話よ。
(探してる時なら)あなたの携帯があったよ!。

ヒアリズ ティケット フォダ コンサ
Here is a ticket for the concert.
どうぞ、コンサートのチケットです。

ヒアリズ クエッション
Here is a question.
ここで質問です。

ヒアリズダ ティン
Here is the thing,
つまりね、(要するに)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です