Can you(動詞)? 〜してくれますか? 〜してくれる?

キャニュ
Can you(動詞)?
〜してくれますか?
〜してくれる?

 クイズで確認!Can you ~? 

"Can you ~? "の正しい使い方はどれ?
窓をあけてくれる?

 ”Can you ~?”は日常生活の中で最もよくでてくる表現のひとつです。”Can you ~?”を直訳すると「あなたは〜できますか?」となりますが、ほとんどの場合、「〜してくれますか?」というふうに相手に簡単なお願いをするときに使います。

 Can youの後ろには動詞がきて、気軽に人に頼むときに大変よく使う言い回しです。”Can you ~, please?”のように最後にpleaseをつけると相手に気を遣った表現になります。相手に何かして欲しいときに、命令形ではキツく感じるような時に使える便利な表現です。

 発音は「キャンユー」ではなく「キャニュ」に近く、”n”と”y”を繋げると自然な感じになります。「ケニュ」でもよいくらいです。

 なお、”Can you ~?”は親しい間柄で使うのが一般的で、目上の方や丁寧にお願いをする場合には、”Could you ~?”や”Would you ~?”を使いましょう。

キャニュ ローズダ ンド⤵︎
Can you close the window?
窓を閉めてくれますか?

キャニュ ウェイ ヒア⤵︎
Can you wait here?
ここで待っててくれますか?

キャニュ ミーダ ソイソー⤵︎
Can you pass me the soy source?
その醤油とってくれる。
※何かをとってもらいたいときは、”Can you pass me ~?”を使います。

キャニュ テルミ ファタイ シュド ネクス⤵︎
Can you tell me what I should do next?
次、何をしたらいいか教えて。
※whatの後ろは”should I”ではなく”I should”の順番です。疑問形だからといって、”should I”としてしまうと、「私は何をしますかを教えて」と変な意味になってしまいます。

キャニュ ショミーダ ウェイ トウダ ステイション⤵︎
Can you show me the way to the station?
駅までの行き方を教えてくれますか?
※この場合、showではなく、tellでも同じような意味になりますが、tellは言葉で教える、showは地図や実際に案内をしながら教えるというようなニュアンスになります。細かいことを気にしなければ、どちらでもかまいません。

キャニュ スピーク スロ
Can you speak slowly?
ゆっくりと話してください。

続く動詞によって、様々な文章を作ることができます。英会話では必須の表現になりますので是非マスターしてみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です